2012/11/03

権力が強められる時

真紀子流「劇薬」3大学の新設不認可

新しい大学の設置にあたっては,いきなり審査の場所に持っていくわけでもなくて,事前に文科省の関係者と事前に色々と打ち合わせをしてから,「これで大丈夫」という段階にまで到達し,審査にかけるという手順を踏む.今回は,文科省の審議会がOKと言っていたものを大臣の権限で直前で覆したものである.

新しい組織の立ち上げにあたっては,もちろんハード面と予算,税金の処理,さらには教職員など人材の確保も必要なので,この種の事前打ち合わせは当然必要不可欠である.

時期的に考えて,設置の前年には既にほぼ多数の教職員を確保し,さらには受験生確保(具体的には推薦入試など)に奔走しなければならない段階に入っている.

この時期に判断を覆すようなことがあれば,多大な数の関係者に甚大な損害を与えることになる.

最初に断っておくと,この種の審議会の判断を文部科学大臣が覆すことは法的にはOKである.権限としては認められている.

よって,田中真紀子の行ったことは法的には問題はない.

慣習的には,大臣がこの時期にすべきことと期待されている仕事は,審査認可の書類に黙ってサインをすることである.

それだけである.

「それだけでは,大臣はただの飾り,神輿ではないか」と思われるかもしれないが,それはそれで構わないのではないだろうか.

大学設置にかかる膨大な書類を審査・処理し,多大なファクターに基いて大臣が認可を定めるというのであれば,不認可という判断を下すことに関して,私は批判的な感想は持たない.

ただ,1人の人間が物理的にできる仕事としては,明らかに容量を超えてしまっている.文科省の全ての仕事の判断にかかる情報を1人の人間が把握することなどできないので,組織ごとに役割を分担し,分担責任者の判断の責任を肩代わりして,

「よっしゃ,じゃ,後は私が責任を持つ」

と発言するのが,トップに立つ人の仕事なのではあるまいか.

この種の判断を下すには,関係者との能力的,ないしは人間的な信頼関係が何よりも必要なのだが,どうやら田中真紀子氏には,文科省関係者に対してその種の信頼がなかったらしい.

憶測だが,彼女の頭の中にあったのは,「外務省も文科省も官僚はワルモノで,有権者に選ばれたクリーンな政治家である自分が正義を正さなければならない」という使命感だったのではないかと思う.

彼女の立ち位置は,自分はご意見番で,世の全ての権力者の過ちを歯に衣着せぬ物言いで一刀両断するもの,というものである.

自分は常に正義であり,自分を支持する人たちこそが心ある人間で,自分の意見に楯突くような官僚や,自分を解任した小泉純一郎のような人たちは打ち倒さなければならない悪党であるという物語を描き,それを抜群の演技力でマスコミの前で演じて見せ,亡き父,田中角栄の大いなる待望を果たす強き娘であるというのが,彼女を支えるアイデンティティである.

そんな彼女にとって,審議会の判断を大臣が覆したことがないという,それこそ組織という世界の中にあっては強く絶対的な慣例を打ち破ることは,旧態依然とした膠着状態を打破したという満足感につながるものなのであろう.

自分の全くの個人的判断がもたらす混乱と,甚大な被害は彼女にとっては細やかな問題でしかない.人間が街中を歩くと蟻を踏み潰すことがあるという程度にしか考えていないと思う.

今回審査が見送られた3大学のどこが具体的に問題で,どこに評価する点があるかといった個別の情報は,彼女にとってはどうでもいいことなのである.

地元なのである程度耳にはしていたが,北海道の看護士不足を補うのに大きな期待がかけられていた札幌医療看護大学の役割と,設置に至ったプロセスなど,田中真紀子にとっては何の意味もない情報なのである.

それは,世の多くの男性にとってのネイルアートの機微に関する情報と等しく,無価値なものなのである.

前例がない,誰も成し得たことがない,影響力が強い,審議会の全会一致に歯向かうといったことは,彼女のアイデンティティをより強めるものである.

組織が組織として,多くの仕事を効率良くすすめるために多くの人間がリソースを割いて組み上げてきた役割とは,彼女にとっては破壊されるべき悪習以外の何者でもないのである.

むしろ,影響が大きければ大きいほど,自分の権力者としての力を誇示できる勲章なのである.通常,権力のある人がそのような振る舞いをすることを,人は「身勝手」と呼ぶ.

ただ,身勝手な振る舞いをする首長には,権力が誇示できるメリットがある.

法というものに従って行動している首長は,それがいかなる強大な経済力や軍事力があろうとも,民衆に恐れと影響力を与えることができない.例えば,現在世界の一番の権力者であるバラク・オバマに恐れ慄く民衆がアメリカにいないのは,彼が法というものに従って行動する大統領であるということを了解しているからである.

どういう行動をすれば非難され,どういう行動をとらなければ非難されないかといったことがわかっている限り,人は安心して生活し,特定の人たちに権力を託すことができる.

逆に独裁者と呼ばれる人たちの,個人的見解が法であるという社会にいる人たちは,常に首長の顔色をうかがわなければならないという立場に立たされることになる.

そういった社会では,権力者がその権力を大いに活用することが可能になる.

民主党は,そういった法に従わず,自分が権力であると考えている人間であるということが分かった上で(外相時代に多くの人がその事実に気づいたはずだが)彼女を大臣に据えたわけであるから,これが現政権の望む姿なのであろう.

ところで,近いうちに民意を表明することができる日はいつのことなのだろうか.

0 件のコメント:

コメントを投稿