2012/10/29

MacTeX2010年度版以降で,日本語beamerを作る際の注意点

自分への忘備録と,迷った人用に自己解決した問題を書いておきます.

MacTeX2010年度版以降では,pLaTeXがパッケージに含まれているので,日本語が使えます.ただ,設定が面倒くさいので,以下の点に注意.

otfパッケージが使えるので,プリアンブルに記載する.(要するに,\usepackage{otf}と書けばよい)

環境設定のタイプセットで,デフォールトのスクリプトをTex + DVIにする.

内部設定タブを開け,2つ目のTeX+dvips+distillerを-simpdftex platex --mode dvipdfmx --maxpfb --extratexopts "-file-line-error"に書き換える.

これで,次回以降,日本語が使えるようになる.

beamerを使う際には,pdflatexが日本語に対応していないので,プリアンブルに\documentclass[dvipdfm]{beamer} とオプションを付け,platexとdvipdfmxで処理をする.(TexShopを使用している場合,環境設定のタイプセットでデフォールトのスクリプトをTex + DVIにする.(普段,英語でbeamerを使用する場合,Pdftexで設定していると,ちょっと面倒くさいかも))


0 件のコメント:

コメントを投稿