2012/09/26

到着

フランクフルトから電車でベルリンに着きました.

コンピュータで探したルートよりも電車の本数も多くて,さっさと着いてしまいました.

そんなに急いでホテルにチェックインする必要もないので,2時前にベルリンの繁華街でとりあえず昼食を取ることに決める.

何かを探そうと思った矢先,目の前にイタリアンレストランが飛び込んできたのでさっさと入ることにする.

アラビアータに焼きナスを散りばめてあって,仕上げにとろりとしたモッツァレラの載ったパスタが5ユーロ.これに昼間っからお酒をつけて,7ユーロで昼食が取れる.1ユーロ160円だった頃ならいざしらず,今は100円で計算できるのでいい身分ですね.輸出関連企業にとっては火の車なのだろうけれど,海外訪問する旅行者や大学教員にとっては都合のいい話なのです.

それにしても,イタリア料理というものはおいしい(しみじみ).

ペンネは程よく茹でてあるし(アルデンテですね),ソースの味もよい.それに塩辛くないのがいい.とてもいい.あと,素揚げしてあるナスも本当においしい.

実はドイツ人の作る料理の塩辛さと脂っこさに辟易し始めていたので,この種のよい塩加減がとても心地よいのである.

それにやはりイタリア人は,シェフもウェイターも陽気で楽しそうである.

イタリア人に会うと人生を謳歌している感じがあるのがいいですね.旅先でイタリア人団体に会うと,それこそ中国人や韓国人観光客の団体並にやかましいところがあるのだけれど,それはそれ.

たぶん,日本人で自殺を真剣に考えている人たちは,ちょっと無理してイタリアにでも遊びに行けばいいのではないだろうか.人生,なんとかなるもんだと彼らは生き方でもって示してくれるところがある.

そんなこんなで,ホテルに着きましたが,今回のホテルはちょっと豪華な場所.

ホテルにジムとプールが隣接してあり,自由に使っていいことになっている.

到着するなり,さっそくジムでストレッチ,ランニング,ウェイトトレーニングをし,ひと泳ぎをしてみる.

使い心地は非常に良い.

おかげで,今はちょうどよい疲労が体に残っている.

「仕事で来ているのに,リゾート気分なんてけしからん!」とか言われそうなのだけれど,1泊1万円もしていません.

一応,ステディな職についていますけれど,今でも仕事で宿泊するときには,便利そうな場所で1泊1万円以内に収まるように検索してからいろいろと考慮するようにしているのです.

たぶん,今は壮絶な円高なので,こんないいホテルに安く泊まれているのだと思う.

それと,旅に出かけると,乗り物に座ってじっとしているのが疲れるし,ちょっとしたストレスになるので,体を動かせると非常に気持が良くなるし,リフレッシュできる.

それに帰りの飛行機に備えて,朝の間に疲れておくこともできるし,いいこと尽くめである.

さらに,ホテルの情報を確認した時には,有線でのインターネット利用可ということだったのだけれど,今は無線が使えるみたいです.おかげで,iPadもiPhoneも使えて,地図に行き先等を入れておけるのは便利なのだけれど,メールが全てチェックできてしまうので,職場の,メールもチェックできてしまう(精神的な健康のため,大学からのメールは見ないようにしておこうかと思っていたのはナイショである)

そういうわけで,明日からはちょっと研究遊びモードに頭を切り替えていきます.

これからはその前夜祭.

ホテルの部屋の様子.ベッドの上でテレビが見られる.下はふかふかの絨毯なのです.部屋はとても広くて,こういった場所に住みたくなってくる.

0 件のコメント:

コメントを投稿