2012/02/26

アスペルガー症候群?

えと,発達障害・アスペルガー障害って何ですか?を読んでいて,少し気になった.

アスペルガー症候群の疑いがある自己診断チェックがいくつかあるのだけれど,けっこう当てはまる自分に気がつく.

以下,当てはまると思われるもの.1のコミュニケーションの障害から.

(1) 「あいまいな言い方を理解できない」:元々,こういう性質はあったけれど,イギリスから帰ってきて,日本の所謂,婉曲的な言い回しがさらにわかりにくくなっている今日この頃です.

(2) 「皮肉やお世辞,社交辞令などを理解できない」:上と一緒.それと,お世辞はなるべく受け入れるようにしている.うむ.

2の社会性の障害はたぶんない.

続いて,3の想像力の障害.

(3) 「興味の対象が狭く,一度始めると周りが見えなくなる」:めっちゃありますね.集中しすぎると,時間とか,約束とか忘れてしまうこともある.でも,これは頭の悪い人の方が集中力がなさ過ぎで,散漫で,ものを考える力がないせいだと個人的に思う.この診断もたぶん,頭の悪い人が作ったに違いない.

って,こういう考え方がどこかアスペルガー症候群なんだろうな.

でも,天才的な人の集中力に比べると,自分の集中力なんてまだまだだと思う.

だいたい,研究者はちょっとアスペルガーの気のある,社会性の欠如した人たちがする職業だと思うので,実はあんまり気にしていないのです.

つか,何でもかんでも「病気」だと決めつけていると,そのうち人間全員病気だということにならないだろうか.

注意力散漫な人も,私は十分に発達障害に数えていいと思う.

0 件のコメント:

コメントを投稿