2011/03/18

人の受け入れ

被災地域に物資を運び込むという発想ではなく,復興の目処が立つまで人を安全な地域に避難させるという発想は効率的であると思う.

芦別、札幌に3家族 道内自治体、被災者受け入れ開始

北海道はけっこう被災者を受け入れる余裕があるようである.

大学人の一人としては,研究者や学生が避難した場合,一時的にでも施設を使えるように配慮し,学生の面倒を見るにやぶさかではないということはここに公言しておきたい.もちろん,授業数だのなんだのが少々増えようが,大丈夫だ,問題ない.土曜にでも働いてやる.

特に災害のために人材の育成を怠るべきではないと思う.若い人たちはそのまま自分たちの所属する社会の未来を反映しているのである.彼らを見捨てるような真似だけはしないようにしたいものである.

文科省,ないしは厚生省の人が音頭を取って,学生の一時受け入れの要請をしてくれれば,かなりの大学が受け入れ許可を出すのではないかと思う.

もし関係者がこのサイトを見るようなことがあれば,ご一考ください.

0 件のコメント:

コメントを投稿