2011/03/15

安全な場にいる者として

未曾有の災厄に見舞われてしまった東北地方だが,特に影響のなかった安全な場にいる者にはいったい何ができるのだろうか.

困っている人たちがいれば,助けてやりたいと考えるのは人情だし,自分だけが気楽に生きているわけにはいかないという気分にもなるが,自制しなければならないこともある.

自衛隊のような特殊訓練を受けているわけでもなければ,医療技術があるわけでもない我々一般市民が現地に向かっても邪魔になるだけである.できることがあるとすれば,幾ばくかの金銭的援助を信用できる組織を通して渡すこと.

それ以外は,日常生活を送り,経済活動を停滞させないことだと思う.

これから,我々は立ち直らなければならないのである.日本丸ごと,経済的に共倒れになれば,被害に遭った人たちが立てなくなってしまう.安全な場にいる者たちは,今まで以上に地に足を着け,肩を貸す余裕を作ることが一番である.

あと,一番やってはいけないことは,不確定な不安を煽る情報を流すこと.

余震がある程度落ち着いた今となっては,福島の原発が心配になってくるが(実際,うちの職場の人が不安を煽るメールを送ってきたが),必要なのは現場で作業をしている専門家たちを信頼して,詰ったり,どやしたり,あぁだこうだと言い立てたりしないこと.

こういう場合,素人が余計な口を挟むことは有害である.不安の源泉になっている人たちを非難することで,自分たちの不安を軽減し,自分が「正しい」位置にいることを担保するようなマネをしてはいけない.

冷静に専門家たちの意見に耳を傾けるべきである.視聴率を取りたい民放や,支持率を集めたいパフォーマンスバカの政治家(菅直人など)や,注目されたいネットの発言を鵜呑みにしてはいけない.

私は,SMC,特にQ & Aのコーナーが役に立つと思う.他にも,Fukushima Nuclear AccidentでMITのOehmenが分かりやすく解説してくれている(日本語訳あり).

素人は,とにかく安心して日常生活を送り,専門家たちが全力を出せる環境をバックアップするのが肝要であると思う.

Stay strong!

0 件のコメント:

コメントを投稿