2011/03/08

友人の成功を喜べること

えと,久しくアクセスしてなかったのだけれど,ウィルスらしきメッセージが来ていたのでfacebookにアクセスする.

暗証番号が久しく思い出せなかったのはさておき.

それで,年下の友人さんが無事にディフェンスを終了し,Ph.D.(アメリカで取ったので,アメリカ綴り)をとったことを知る.

素晴らしい.(彼の口癖である)

1月にちょっといろいろメールのやりとりをしていて,それで日本のとある有名私大に就職が決まったという話を聞いた時も嬉しかったのだけれど,それより何より友人の成功を素直に喜べる状態である我が身を幸せなことだと思う.

もし自分の現状が充実していなくて,例えば,PhD(私はイギリスなので,イギリス綴り)も取れなくて,就職も出来なくて,挫折していて,食うや食わずの生活なんかをしていたら,全然喜べなかったと思う.

やっぱり,人の成功を喜べるためには,自分が充実していないといけないと強く強く思う.

さすがに友人の成功を妬んで,足を引っ張るようなことはしたくない.そういうのって,単純に「かっこわるい」.やっぱり,人生,誇りを持ってかっこよく生きたい.

あほみたいに素朴な感想なんだけれど,本当にそう思う.

やっぱ,周囲の人間が優秀だと,刺激になりますわ.

0 件のコメント:

コメントを投稿