2011/02/28

野球を続けること

プロ野球の門を叩ける人間なんてほんの一握り.

そこから活躍して,野球で身を立てられるようになる人なんてほんの僅か.

それだけではなくて,甲子園に出るとか,大学野球で活躍するとか,野球においてはそれなりのエリート街道というものがあるのだけれど,その道のりはけっこう大変なのである.

先日,イナリの野球流儀というwebsiteを発見して,一心不乱に読みました.

私と同年代で,実は,八尾フレンドつながりで実際に会ったこともある.(お互いに顔を覚えるほど深い知り合いでもなかったが)

サイトでも紹介しているとおり,PLのレギュラー陣の中では全然身体が大きいわけでも,ゴツイわけでもなかったけれど,グラブ捌きが本当に柔らかくて,教科書に出てくるような守備力をしていた素晴らしい野球選手だったと思います.

そんなごく普通の野球エリートが,どんなことを考えて野球をしていたのかが,本音で分かる実に興味深いサイトです.

それにしても,文才もあって,見事なものです.

今は,普通に会社員をやりながら,少年野球の監督をやっているみたいだけれど,なんか嬉しくなってくるな.

自分に息子がいたならば,ぜひ「いなちゃん」に野球を教えてもらいたいものだと思える程,彼の野球技術は素晴らしかったと思う.

少年野球のコーチとか,私もやってみたいな.

0 件のコメント:

コメントを投稿