2011/01/17

センター試験監督でちょっと死にかけていた.でも,ちょっと遊んでいた.

えと,まぁ,なんとかかんとかトラブルもなく無事にセンター試験が終了しました.

受験生はこれから本当の本番,頑張ってください.

私の勤務先は私立大学なのだけれど,センター試験監督に駆り出されました.まぁ,これも役割なので仕方がないか.

って,気楽に行きたかったのだけれど,監督当日の朝,吐き気がとにかく凄かったです.

寝ている最中で,朝の5時か6時にとにかく吐き気が凄かったので,起きて,ずっと吐き続ける.

ちょっと二度寝して,朝食に(当然食欲はない)バナナとヨーグルトを食べ,1時間しないうちに全部吐く.

とにかく食べ物も水分も,胃に入った物は全部吐くとかいう有様.

監督は午後だけだったので,昼に大学に着き,支給されている弁当を見る.

当然,食べる気にならない.

でも,栄養がなくて,試験官が突然倒れたりすると,新聞沙汰になってマスコミに叩かれるので,近くのセイコーマート(実は利用するのは人生で2度目)でウィダーインゼリーを買い,それで昼食とする.

午後の一発目,数II(B)の時間.頭も身体ものびていて,なんとか試験を乗り切る.

そして,休憩中に当然のように吐いてくる.

一応,保健センターにも行ったんだけれど,なんだったんだろう?これは.

出す物を出してしまうと,まぁ,一応,気分が良くなった感じ.足の関節が痛み出したのが気になるが...

というわけで,ちょっと元気になると,センター試験監督の暇をどうやって潰すのかということを考え出す.

センター試験を受験した人は知っていると思いますが,試験官の説明の後,ちょっと無駄に試験開始を待たないといけないとかいう暇な時間帯があります.

午後の2回目になると,受験者もこちらの顔を覚えたせいか,こっちの顔をジーッと見てくるので,こちらも右手の拳を握って,「ギュッ」という合図を送る.(イメージはスラムダンクの三井寿である)

すると,向こうも嬉しそうに「ギュッ」とやり返してくれる.

おぉ(ちょっと嬉しい).

頑張ってくれい.

調子に乗って,ヒーターの上に手を載せて,「熱っ!」というジェスチャーをやってみた.

ウケた.(一瞬,教室で「クスッ」という仕草をする人たちが数人出る)

あと,目が合った受験生達に首を縦に振ると,向こうも振り返してくれたりする.(ウンウンといった擬態語を想像してもらえれば)

かわいい子たちである.

一応,センター試験の実施中(休憩含む)は受験生と極力口をきかないようにとのお達しが出ているので,試験が終わるまでは何も喋りませんでしたが,試験終了後はいろいろと生の声が聞けました(とは言っても,最後の物理・地学の試験を受ける受験生はかなり少ないんですけど).

しっかし,女子高生ってキャピキャピしているというか,「若い」ですよね.えぇ,こういうことを思うようになって,自分も年を取ったんだと実感します.

センターできなかったという話だったので,

「じゃ,北大無理だったら,うちに来てね」

と,しっかり営業もやっておく.

「うちに来てくれたら,みんなで一緒にたこ焼き焼いておしゃべりしよう」

と言ったら,

「ほんとですか?行きます!」

とかいう反応が返ってきたのだけれど,北大受かって,うち来たら,親泣きまっせ.北大さんに受かったら,そっち行ったらよろしい.私も出講しているはずだし.

教室を出る時には,わざわざ

「今日はありがとうございました」

とか言いに来てくれたのだけれど,どういう教育をしたらこういう子たちができるのであろう?と感心してしまった.大丈夫,あなたたちならどこに行ってもかわいがってもらえますよ.

というわけで,終わる頃には元気だったのだけれど,雪道を歩いて帰ったせいか,帰宅するや否や,激しい悪寒におそわれる.それで,関節が激しく痛む.

とりあえず手を洗い,うがいをして,コンタクトを洗い,着替えてからベッドに潜り込む.

深夜にちょっとましになったので,シャワーを浴び,月見うどんを食べ,リンゴをかじり,月曜の授業準備をし,また寝込む.

という,ちょっと悲惨な日曜日でした.今は寝過ぎで,ちょっと頭がボケーっとしていますけど,元気になりました.

吐き気もなくなったし.

で,結局,ノロウィルスかなんかだったんだろうか.

0 件のコメント:

コメントを投稿