2011/01/10

学位いりまへんか〜?

えと,今日,久々に「学位売ります」というダイレクトメールが届きました.(英語でBecause you deserve it!の後,ほんにゃらこんにゃらと書かれてある)

まぁ,業界関係者でもなければ,よく分からないことかもしれませんし,話題になったのは数年前なので,ちょっと説明しておきます.(民主党の古賀潤一郎がペパーダイン大学卒を偽ってクビになった話って覚えている人,多いんだろうか?)

基本,大学の先生になるのに資格は要りません.

本当に何も要らない.

大学が「この人材は必要だ」と判断すれば,それでオーケー.万事うまくいくのです.

ただ,最近は,文科省による大学認定評価というのを定期的に始めるようになって,大学の常任スタッフ(教授,准教授,講師,助教という序列が基本です.特任教授とか,階級の前になんか書いてあるのは,教授会に参加することのない暫定的なスタッフという理解でいいかと思います)の学歴や業績なんかを審査するようになりました.

学歴は,もちろん博士号持ちが一番ポイントが高くて,次に修士,それで学士ということになっています.名誉教授でもなければ,実質,高卒の先生っていないのではないかと.たぶん.

業績は,もちろん,論文を書いたり,学会発表をしたりするとポイントが高いです.

ある程度のポイントが稼げれば,その大学は正規の大学として認証され,補助金がいただけるということになります.

というわけで,大学の経営陣の立場からすれば,博士持ちの業績の多い人は存在するだけでありがたいし,その逆は,その...(以下,自粛)

そういうのがあって,学内の昇進の基準だとか,給料を定めるのに学位の有無ってのが関係してくることがあります.(業界のめんどくさい風習なんですけど,日本の文系の研究者は修士だけという人が多いです.理由はいろいろあります)

学位は,もちろん海外のものでもいいので,ハーバードやオックスフォード,ケンブリッジなんかの学位を取ってくるような人たちもいます.

イギリスの大学の大半は国立なのでいいのですが,めんどくさいのはアメリカの大学.

アメリカの大学には,厳密な意味での設置基準はありません(あると言えばあるけど).

極論すれば,

「わてら,これから大学やりますねん」

という発言で別にオーケー.

そんなこんなで,大学経営に参入してくるだけなら割と簡単なんですけど,そんなことをされて,トンデモな集団が入ってきたりすると,既存の優秀な研究機関は自分たちの存在基盤を脅かされるので,お互いにスクラムを組んだり,また,外部機関の評価なんかが非常に重要になってくるわけです.

外部評価が高いと,寄付金が得られたり,研究費を獲得できたり,といろいろメリットが出てくるわけです.

でも,これらはあくまでもアメリカ国内でのお話.

日本や韓国や中国など,海外に行ってしまえば,自称「大学」機関が何をやっているのかは基本的に関係がありません.

学位なんて実質,実態も何もないものですから,学位に高い値段をつけて売りつけると商品になると考える人たちが出てきたわけです.(一応,アメリカ国内でも売っているみたいだけど)

こういう,学位を商品として売り出すことを「ディプロマミル」ないしは「ディグリーミル」,略してDMということがあります.

例えば,日本の一般の人たちは,ハーバード,イェール,プリンストンなんかの御三家くらいなら聞いたことはあるかもしれませんが,ノースウェスタン,ミシガン,デューク,ダートマス,ブラウン辺りだと???という状態になるのが普通なのではないでしょうか.(全部,名門と言われる大学です)

そういうわけで,横文字の大学名に「Ph.D.」と書いておけば,「おぉ」と言われることも結構あるのです(舶来品ってやつだね).

それで,パシフィックウェスタン「大学」やイオンド「大学」など,自称「大学」機関が学位を売り出したりして,それの「取得」者がけっこういるということが一時期,日本でも問題視されるようになりました.

しかも,現役の大学の先生たちの中にもその取得者たちがいたということが話題になりました.

学位を認可する立場の人間が,学位を金で買っていて,しかも偽の業績で地位と金を得ていたわけですから,これは立派な詐欺罪だと思うのですが,日本では結局処分されることはなかったようです.(韓国ではあった)

一時期,文科省も「厳しい」姿勢で実態調査に乗り出すとか何とか言っていましたけど,大学認定(特に大学院の方の認定.こっちは大学認定より厳しめ)の際に素通りしてしまったので自分たちの責任が問われるとか,雇用の確保されている人材に懲罰を与えると,逆に訴えられるとか,めんどくさいという思いの方が勝ったみたいで,見て見ぬふりを決めたようです(学歴詐称者の発表はしましたけど).

まぁ,正当なことをするよりも波風を立たせないことを美徳とする日本人的見地からすると,妥当なことなんでしょう.

ネットを見ると,その手の偽学位取得者の名前があぶり出されますけど,下手に書くと,静岡県立大学のK島さんみたいに,いきなり弁護士からラブレターをもらうとかいう事態になるみたいなので,参考ウェブサイトを載せるとこんな感じです.

学歴詐称

有名どころの大学だと,愛知教育大学,愛知産業大学,青山学院大学,秋田大学,茨城キリスト教大学,愛媛大学,大分大学,大阪市立大学,大阪工業大学,沖縄キリスト教大学,小樽商科大学,金沢大学,岐阜聖徳学園大学,九州産業大学,神戸学院大学,熊本大学,聖心女子大学,千葉商科大学,中央学院大学,東海大学,東京理科大学,奈良産業大学,日本工業大学,日本獣医生命科学大学,日本薬科大学,弘前学院大学,広島大学,広島国際大学,北翔大学,龍谷大学,山口大学,早稲田大学などの教員がディプロマミルを利用していたようです.

多いな.(ある意味,勉強になった.うちはなかった.よかった)

この手の詐欺師が辞めてくれれば,世の中で職にあぶれている若くて優秀な人材に雇用を創出することも可能なんですけど.

まぁ,自分が評価される立場なのだということだけは,肝に銘じておきたいもんですが.

こういう人たち,publish or perishって言葉,聞いたことないんだろうな.

0 件のコメント:

コメントを投稿