2011/01/02

あけました

えと,まだ正月2日目なんですね.ぼちぼち休み飽きちゃった感じなんですけれど.

正月早々なんですけど,36号線でちょっと派手な交通事故があったのを見てきました.2台の車が大破して,1台の運転席がボロボロ.パトカー,消防車,救急車が総動員で,事故渋滞が起こっていたのですが.

まぁ,普段はいい人が多いんですけど,道民の車の運転は概して,荒っぽくてめちゃくちゃですからね.去年は交通事故死が東京と並んでワースト1位,率だともちろん東京の比じゃないのでダントツの1位とかいう不名誉な記録なんですけど,それはなんか実感します.

車を運転していると,引きずり出してしばいてやろうかと思うことは多々あるのだけれど,道民のバカ運転のペースに合わせないように気をつけないといけない.

そんでもって,ちょっと正月近辺は無理に休もうと思って,ラストフレンズというのを借りて全部観てみました.

まぁ,ドラマの題名からして全然知らなかったのだけれど,12月にうちのお嬢ちゃんたちから薦められたので,観ておこうとかいう,なんか妙ちくりんな動機だったのです.

「先生,絶対に観てくださいね」

とか何とか,なんか目を輝かせて,楽しそうな顔をしている人たちが数人いると,やっぱり心が動かされるものがあるというか.

子供って,あれですよね.親だとか,周囲の大人が価値観を共有してくれると,ちょっと嬉しくなったりしますよね.まぁ,そういう対象に自分がなっているんだろうと.

そのドラマなんですけど,年食っちゃったせいか,全然感情移入して観るとかそういう気分にもなれなくて,なんかかなり冷めた目線ではあったのだけれど,それなりにおもしろく観られました.

なんか,こう,イマドキの若い人たちはこういうことに悩んで,こういうことを考えて,こういうのに影響されて生きているんだなぁとか何とか考えながら.

こういう気分になっているということは,自分もちゃんとおっさんになっている証左なのかもしれない.

そんなもんなんだろう.

ところで,錦戸亮くんはえらい貧乏くじというか,汚れ役をやらされていたんですね.例のお嬢ちゃんの1人が,

「DV野郎で,最低なんですよ.うちの家族(注:女3姉妹)で,錦戸亮がテレビに出ただけで,みんなで舌打ちするようになりました.絶対,実生活でもDVやってそう」

とか散々に言われていて,かわいそうな反面,役者としては成功しているんだから仕方がないんじゃないかと思わないでもない.

こういう,ドラマの役柄のせいで,気持ち悪がられる人たちっていますよね.『ずっとあなたが好きだった』で冬彦さん役をやった佐野史郎さんだとか,『高校教師』で藤村知樹役をやった京本正樹さんだとか.あと,女性ですっかり嫌われ役の代名詞になっちゃった『東京ラブストーリー』の関口さとみ役をやった有森也実さんだとか.

そんなもんなんだろう.

あと,個人的には主体性と決断力のない長澤まさみさんがちょっと苦手ですね.高校生くらいまでなら別にいいのですけれど,18歳過ぎたんだったら,もうちっとしゃきっとせいよと思ってしまう.

そんなこんなで,感情の揺れ動き云々なら別に普通に若い人たちの感性に合わせられるのだけれど,お笑いなんかになると,世代差,地域差が露骨に出るので,ちょっと共感はできないですね.

正月ってのは,箱根駅伝とラグビーを除いて,どこのチャンネルでも漫才をやっているもんだと思っていたのですが,なんか違うみたいですね.北海道では1局だけでした.

そういうわけで,その全国ネットの漫才を観ていて.

個人的には,普通のしゃべくり漫才をやってくれる人たちは,若い世代の芸人でも全然笑えるのだけれど,コント系になると全然ダメですね.若い人たちに人気のあるジャルジャル(最近,福徳に似ていると数回言われたことがある.単に関西弁喋っている地グロの人間というだけのことなんちゃうんかと)なんかも,M1では「くすっ」という程度なら笑えたのだけれど,普段のコントなんかだと全然笑えないですね.あとは,はんにゃもそうなんですけど.

会場の若い人たちには受けていたみたいなので,単に,感性が合わなくなってきただけの話なんだろな.

そんなもんなんだろう.

それと,身体を動かしたくなったので,年中無休とかいうピッチャーガエシとかいうバッティングセンターに行ってきました.

球速が測れるということで,ストラックアウトをやったのだけれど,肩が不自然なくらい軽くて,フォームがめちゃくちゃのメタメタ.さらに球速が120kmを越えない.

久しぶりに体脂肪率を測ってみたら,余裕の二桁.(一桁だとずっと思ってたのに)

バッティングも,甘い球を打ち損じるのが多くなった.しかも,140kmだとバットに当てるのがやっと(vs. ダルビッシュ).

年なんだろな.ジム通い以外には,定期的にスポーツもしていないので,もうアスリートじゃないのかもしれない.もはや,野球ができる身体ではないのかもしれない.

そんなもんなんだろう.(実は,けっこう落ち込んでいる)

はぁ,論文でも読むか...

0 件のコメント:

コメントを投稿