2010/12/14

えと,雪がたーくさん降ってきました.

まぁ,実を言うと,まだ雪が降ってくるとテンションが上がってくるといいますか,なんか「楽しい」という気分になってしまう内地人間的気質が全然抜けないのですけれど,さすがにこれだけ雪が降ると「大変」という気分になってきますね.

気温が氷点下でも,雪が降っていると,なんとなく「骨身に染みる」寒さって気分にならないのだけれど,車のあちこちに雪が積もり出すとさすがに「やべー」という気になってしまいます.

前方と後方はなんとか雪を払えても,サイドミラーと横の窓ガラスが雪で視界を遮られてしまうと,さすがに怖いですね.しゃーないので,とことんゆっくり走らざるを得なくなってしまうし,車線変更はめちゃくちゃ気を遣うようになってしまう.

車線変更がこんなに怖いもんだとは,今まで予想だにしてませんでしたけど.

そんでもって,雪の中だからか,バカ道民だからか知らないのですが,普通に自動車道を横切る歩行者もいて怖い怖い.こいつら,横断歩道や信号まで歩くということを考えないのだろうか?と切実に思う.

そんでもって,雪の中で,バカタクシーやら(ここの「バカ」は非制限用法で使用されています)バカ車やらが近くに来ると怖いのなんの.よく,雪道の中であれだけ暴走できるものだと感心してしまう.(近寄りたくないっす)

それに加えて,マンション前の駐車場にバックで車を駐めるのもめちゃくちゃ難しいですね.うちはマンション前の道路から後方向きで車を止めないと仕方がないような作りになっているのだけれど,両サイドの視界がふさがれているので,まず駐車場の入り口に入るのが難しいし(ちょっとした段差が雪のせいで厳しくなっている),そんでもって私の駐車位置が一番奥(つまり最も建物寄り)なので,実質何にも見えない状態が作られてしまう.

しゃーないので,雪の中,ドアをちょっと開けながら無理矢理駐車することに成功しました.これからこんな感じでやっていかないといけないんだろうな.

ちなみに明日は最高気温でも氷点下,最低気温は−7度って話だけれど,通勤はけっこう大変そうですね.ちょっと早めに家を出ないといけないな.

自分も,そして関係者も無事に大学に着けるといいのだけれど.

ちなみに,2010年度は交通事故死亡者の数で北海道が1位を爆走中らしいです.まぁ,端から見て,「こいつは危ないな」という車が多いですからね.私も何度ドアから引きずり下ろして,しばき倒してやろうかと思ったことか.(歩行者の横断を待っていると,後ろからクラクションを鳴らされまくって,その後,煽られるとか,赤信号で止まっても鳴らされまくって煽られるとか,タクシーのバカどもの信号無視やら幅寄せやら,急なUターンに肝を冷やすとか,なんか珍しくない程度にそういう目に遭います)

0 件のコメント:

コメントを投稿