2010/11/03

ビバリーヒルズ青春白書

えと,学会が無事に終了しました.

学会自体はよかったのだけれど,なんでアメリカって国は暖房も冷房もめいっぱい効かせてるんでしょうかね.みんな「寒い寒い」って言ってるのに,がんがん冷房がかかっていて寒い寒い.

私を個人的にご存じの人は,私が寒さにめっぽう強くて,シャツ1枚で過ごしているところを見ていらっしゃるので,「え,あの変態が?」と思われるかもしれませんが,そうです.その寒さにめっぽう強い私が「寒い」と言うのだから,事情は推して知るべしです.

普通に日陰に入ったら,涼しくて快適だってのにね.

学会と言えば,人といろいろ出会えるのが醍醐味の一つだと思うのだけれど,今回はけっこう目当てにしていたUSCの過激派で鳴らす先生(これだけで業界関係者にはすぐに分かるのが,すごいところですが)ともたくさん話せて楽しかったです.

ってか,なんか,「吸い付かれて,離れてくれない」ような状況と言った方が的確だったような気もしますが ^_^;

そんなこんなで,ちょっと三日間遊び過ぎていた勉強し過ぎていたので,ちょっと昨日は疲れてしまいました.

今の職場はけっこうのんびりとしていて,気楽でいいのだけれど,気がついていたら脳みその一部が糠味噌にでもなっていたんじゃないかってくらい,とろけていたのかもしれない.

まぁ,今回の鍛錬で糟が取れたのなら,よかったんじゃないかとも思うのですが.

最終日は観光日に当てていたのだけれど(何せ,日本では祝日だし),ちょっと朝はゆっくりして,インターネットで飛行機のチェックインを済ませ,そんでもってシャトルの手配をする.

市街地からロサンゼルスへは,移動手段の基本が車なので,タクシーかシャトルバンの相乗りが一番ポピュラーなんですね.シャトルは連絡しておけば,ホテルまで迎えにきてくれるし,だいたい20-30ドルで空港まで行けるので楽でいい.

学会期間中に泊まっていたホテルは,いわゆる「エコノミーホテル」で,泊まれればいいやって水準の所だったのだけれど,最終日はちょっと朝もゆっくりできるし(フライトは午後2時過ぎ),ということで,ウェストウッドのビバリーヒルズの外れにある中級ホテルにしてみました.

ちょっとお金を出してみると,待遇が随分と違いますね.設備がいろいろ綺麗で手はずが整っているので快適です.1泊160ドルなのだけれど,アメリカなので,基本2人分でもこの値段ということを考えれば,パートナー連れの旅行だとこれぐらいのホテルでちょうどいいのではないかと思います.

ウェストウッドからハリウッドは距離的には近くて,車があればUniversal Studiosにも30分もかからないで行けるのだけれど,バスだと乗り継ぎやら何やらで何かと大変ですね.結局,ハリウッド中心街に午後1時前に着いちゃったので,Universal Studiosまで行くのは諦める.

まぁ,テーマパークなんてのは,自分が楽しむと言うよりは,一緒に行っている人が楽しそうにしているのを見て楽しむって感じなので,別に行かなくてもいいんですけど.

あ,その割には「ジェットコースターに乗れないのはなんでですか?」だとか,「観覧車に乗るのに長時間の説得を要するのはなんでですか?」とかいった質問はやめてください.もう,ほんと無理なんです.勘弁してください.

高いとこきらい.

そんなこんなで,なんか時差含めいろいろアメリカモードに体がセッティングされてしまいましたが,今から日本に帰ります.

成田に行って,羽田に行って,新千歳に行って,札幌に行って.

長い旅路だわ.

そんでもって,週末はまたまたお出かけ.気が重い.

0 件のコメント:

コメントを投稿