2010/10/02

謝られなれてない

えと,ちょっと北大さんとこで,事務の手続き上,やんなきゃいけないことをやってくれていなかったので,1ヶ月程不便することになっちゃいました.

なぜか,本件と関係ない,窓口の若いお姉さんに恐縮して謝られたのだけれど,何も自分に非はないのに,そんなに申し訳ないという態度を取られても,とか思う.

てなわけで,お姉さんにはやたらと愛想良く,「いえいえ,あなたには関係のないことですから」と愛嬌を振りまいておく.

阪大でも慣れていたことだけれど,国立大学の事務の仕事に最初からそれほど期待していないというのもあるし,それに「いい加減,適当」で慣らすイギリス生活が長かったので,なんかこの手のトラブル対処にも慣れたような気がする.

とりあえずやっておかなければならないことは,

「責任のありかの確認を,感情を出さないでやっておく」

こと.

「てめぇ,コラ!」と怒鳴っておいたら,感情的にすっきりするのはよく分かるのだけれど(認めたくないけど,この手の人たちは大学教員に多いみたいです.すまない),そんなことをしても自分の一時の気が紛れるだけの話で,今後の仕事に「しこり」が残るだけの話でよろしくない.

機械的に,「私はやるべきことをやっておきましたよね?」ということを確認しておいて,それによっていかなる不利益が自分にもたらされるのかということを「困ったなぁ」という感じで淡々と説明し,急いでやっておいてねということを柔らかく依頼しておく,と.

人間,怒鳴ってくる相手には自分に非があっても反感を持つものだし,理性的に冷静に頼まれると,挽回しようとして必死に仕事をしようとするもんだと思う.それで,お互いに仕事がやりやすい雰囲気ができるなら安いもんだと思う.感情にまかせてもいいことってのはあんまりない.

てなことを午前中に考えていて,さらに夕方.

オフィス用に買っていた時計がどうにも調子が悪いので,保証書を持って修理に出かける.

行った先でもやたらと謝られたのだけれど,でも,悪いのは不良品を作ったメーカーさんであって受付のお姉さんではない.

なんだか日本にいるとよく謝られるので,恐縮してしまう.「いえいえ,そんな謝らなくても」って,帰国してからよく言っているような気がする.立場が弱い若い人(男女問わず)に怒鳴るようなことなんて,そんなことしませんがな.

0 件のコメント:

コメントを投稿