2010/06/19

ついに

えーっと,thesisがついに製本されました.



自分の頭の悪さに何度も絶望させられながら,本当になんとか審査をくぐり抜けてようやくたどり着いたといった感じです.

ただ,多くの優秀な先達も同じように苦労して仕事をしてきたのだということが本当に分かりましたし,いろいろな研究者の暖かいサポートのおかげでなんとか書き上げることができた,とそう思います.一人だけでやったとすれば,もう本当にどうしようもないものになってしまっていたのではないかと.

本当はこの程度の論文は人の目にさらされない方が気が楽でいいのですが,ヨークの図書館経由でelectronic copyが配布され,そもそも大学図書館間でのインターローンに同意する旨に署名しているし,だいたい論文なんてのは他人様の目に触れて,ボコボコにしてもらってナンボだと思うので,近いうちにwebsiteでも作ってupしておきます.

実は,製本は手元にないというオチが.(自分の分って確保しておくものなのだろうか)

P.S.
しっかし,今ワールドカップは本当にメッシの大会になりそうな感じですね(誰が見ても「凄い」と分かる凄さって,最近だとブラジルのロナウド辺りか).イングランドはしょぼい.本当にしょぼい.期待してたのに.なんだかんだで中盤の柱がいないから(ジェラードが前に出てしまうので),ベッカムの欠場が大きく響いている感じ.クロス一本で試合の流れを変える「凶器」のような右足がやっぱり必要だったか.

0 件のコメント:

コメントを投稿