2010/06/14

心理テスト

えと,あまりに科学的に根拠のなさ過ぎるもの(血液型占いだとか.これは海外で日本人の女性がする質問で,一番嫌われるものの一つであろうということは想像に難くない)は好きじゃないのだけれど,心理テストってけっこう好きです.

まぁ,そこまでロジカルというわけでもないし,因果関係が曖昧だし,議論の詰めが甘いだとかいうのは重々承知していますけど,それでもまぁ,「お遊び」という段階ならなんとなく好きです.

というわけで,この手の心理テストはけっこう詳しいのです.

ちょっと前になりますが,学生さんに「車を選択するポイントと,何を重視したのか?」という質問をされました.

そんでもって,昨日,左隣にフェアレディZ,右隣にGTRに挟まれる(しかも両方,ウイング付き)というちょっと希有な体験をいたしました.

そのときにちょっと思い出していたことなのだけれど.

私が車を選ぶ時に重視したのは,なんといっても「バランスの良さ」です.

見た目が好みで,それでいてシートの座り心地がよくて(ちょっと硬めがよろしい),加速の良さ,燃費,実用性(荷物が載せやすいとか,助手席の座り心地がいいとか),安全装備(横滑り防止機能,雪上走行モード,エアーバッグ等の充実),それに現実的な値段(無理してローンを組もうとかいう気はなかった)であることというのがポイントでした.

なんか好みにうるさいですね.

でも,これら全てを満たしてくれるやつが見つかったので,とても満足しています.

見た目は飽きのこないシンプルなデザインだし,きれいな赤.シートは抜群だし,足回りも加速もよい.燃費はハイオクだけれど,リッターで14 km走るし,ハッチバックなので大きい荷物も載せられる.安全装置もフルで備えているし,それに型落ちなのでお買い得な値段で買いました.

まぁ,こういうのって,レストランに行くみたいなもので,店の雰囲気と内装だけがよければいいというものでもないし,ウェイターの質だとか,料理の質,それに値段といったものの総合力でレストランが評価されるのと大差ないなぁと思っていました.

一点豪華集中主義だと,あまりお気に入りの店にはならないですよね.

そんなこんなで.

まぁ,ある心理テストで,車に求める性能と恋人に求める性質は同じというものがあるそうです.

この主張はまぁ,分からないでもない.どちらも相棒として大事に使うものだし.

この心理テストに基づけば,私の恋人に求める条件ってなんだかうるさそうですね.見た目が好みで,そんでもって,以下,略.

一方で.

例のフェアレディZとGTRに乗っていたのは,意外と(失礼)どちらも,ひょろい感じのメガネのお兄ちゃんでした.

彼らにこの心理テストを当てはめれば,彼らの理想の恋人は,見た目がよくて,それでいて一緒にいて楽しければそれでいいということになりますよね.

「おまえは高くつく女.贅沢に成長してる.湯水のように出費してとてもついていけそうにない」

まぁ,車と恋人に求めるものって違うやんと言われればそれまでの話ですけど.

そんなこんなで,ちょっと暖かく(やや暑い)なりましたね.こっちではいい季節なので,快適な夏が過ごせそうです.


フロントマスクはこんな感じ.なんか乗っていると,あまり自分で外見を見る機会がないので,寂しいと言えば寂しい.ちょうどかわいい女の子が自分の容姿を見て満足する機会があまりないのと似て,ませんよね.やっぱり.

0 件のコメント:

コメントを投稿