2010/05/24

浮気した気分

えと,髪をちょっと切ってきました.

今まで何せ高校時代からの行きつけの美容師さんがいて,イギリスでは自分で髪を切って,という状態だったので,今後行きつけにする美容師さんを探さないといけないとかいう状態になっちゃったのです.

行きつけだった美容師さんは,レディースカット部門だけれど,全国優勝もしちゃった人で,すっかり気心も知れて,完全に全てを託せるという気分にさせられる人だったのです.

しかし.

さすがに髪を切るためだけに大阪に帰ることもできないし,こっちで美容師さんを新たに開拓しないといけない.

はぁ.

まぁ,なんだかんだでそれなりにいい美容院に行ってきたのだけれど,それでも,ねぇ.

ちょうど,何年もつきあって気心も知れて,何も不満のない彼女とちょっと事情があって別れることになって,それで新しい場所で新しく彼女を作った.

なんか,そういう気分にさせられます.

新しい彼女さんはいい人で何も不満はないのだけれど,それでも過去の人の面影を探してしまう.

「明け方の街 桜木町で こんなとこに来るはずもないのに」

うーん,なんか,しっくりくる.

そんなこんなで,わりと近所に行きつけの美容院を決めようかと思っているのだけれど,なんか専属で美容師さんがついたら嫌だな.

やっぱり,大阪に帰ることがあれば,ついでに行きつけの所で髪も切ってきたいし.

それって,なんか浮気したような気分になりませんか?

なんか,今は今でそれなりにうまくいっていて,とてもいい彼女さんがいるのだけれど,ちょっと故郷に帰る機会があって,元彼女さんに会って,それでそれでetc

の後で,こっちに帰ってきて,また今の彼女さんに会ったのだけれど,

「ごめん,元彼女に会ってきたんだ」

「ううん,いいの,別に」

という会話が交わされるような,なんかそんな感じ.

いや,ちょっと考えすぎなんだと思うけど.

こっちでは行きつけの美容院とか決めるの,やめようかな.

0 件のコメント:

コメントを投稿